ガラケーとスマホorタブレットの格安SIMデータ専用プランが実は一番お得?

   

Pocket

スマホ1台で電話とデータ通信をしている人がほとんどだと思いますが、電話専用のガラケーとデータ通信専用のスマホ又はタブレットの2台持ちを検討してみましょう。

特に、大きなディスプレイを搭載するタブレット端末は表示する情報量がとても多くて、PCにも引けをとらないスペックのものも多いです。

キーボードの文字入力もしやすいので画面の小さいスマホよりも使い勝手がよく、ホームページを閲覧して情報収集をしたり、ビジネス上の長文のメールもスムースに書くことが可能です。

また、動画やゲームを楽しむにしても、大画面の迫力がある映像を楽しむことができますので映画やゲームが好きで頻繁に利用している人には大変魅力的でしょう。

しかし、国内で一般的に流通してるタブレット端末はまだWifi接続を対象とした製品が多く、タブレット端末は自宅や会社で使う端末というデバイスといったイメージを持っている人が多いと思います。

外出先でタブレットをインターネットに接続するにはポケットWifiを持ち歩いて利用するか、Wifiを利用することが可能なWifiスポットを探すか、スマホのテザリング機能を利用するなどの方法を駆使することとなります。

携帯型のWifiルーターを持っていない人はWifiスポットを利用するか、スマホのテザリング機能を使うことになりますが、Wifiスポットがすぐ近くになかったり、テザリング機能の利用も利用手順が面倒だったりしますので、利用にはなかなかハードルが高かったりします。

補足になりますが、タブレット端末にはWifi版とセルラー(LTE)版があります。

セルラー(LTE)版はもちろんWifiにも対応しているので、格安simを挿して使う予定の方はセルラー(LTE)版を買わなくてはなりません。

Wifi版のタブレットでは格安SIMを使うことができませんのでこれから新規で購入を検討している人は注意が必要です。

格安simと言えば大手キャリアからのスマホの乗り換えをイメージする人がほとんどだと思いますが、SIMスロットを搭載したタブレット端末ならば格安simを利用してWifiスポットでない場所でもデータ通信が可能となりますのでスマートフォン同様に利用が可能となります。

スマホ同様に使いたい時にすぐにインターネット接続が出来ればタブレット端末が持つ優位性をフル活用することが出来ます。

格安sim会社ではスマホ利用者のほとんどが利用している音声通話とデータ通信ができるSIMの他に、データ通信専用のSIMも販売しています。

データ専用SIMは音声SIMよりも利用料金も一般的に700円程度割安です。

SIMフリーのタブレット端末と格安simを組み合わせることによりネット接続も可能となり、スマホ同様にネットの利用が可能となりますので、今までとは違った新たな次元でのネット活用方法が可能となります。

データ専用SIMはシムフリーの端末ならスマホでもタブレットでも挿して利用することが可能ですので、利用状況に応じて今日はスマホ、明日はタブレットと、ひとつの契約で何台もの機種を利用することも可能です。

スマホもタブレットも持っている人は格安simをデータ専用SIMにした方が使い勝手がいいと思います。

もし、タブレットに格安simを挿しているときに電話が掛かってきても電話に出ることが出来ないからです。

中には音声通話機能ありのタブレットもありますが、現在はまだあまり機種がないのが実情です。

格安simの音声SIMとデータ専用SIMの価格差は700円ほどですので、ガラケーとの2台持ちにしてもそれ程料金的に差が生じることもないと言っていいでしょう。

ガラケー単体の大手キャリアの契約も500円〜1000円程度となっていますので、場合のよっては2台持ちの方が実は料金が安くなることもありますの料金プランを比較検討してみましょう。

auでガラケーのみの契約をした場合の料金イメージ

基本料金 743円(プランEシンプル)無料通話なし。

毎月割 -300円

ユニバーサルサービス料 2円

合計 445円(プランEシンプル)無料通話なし。
※毎月割は24カ月適応となりますので25か月目以降は合計745円となります。

基本料金 2376円(電話カケ放題プラン)

毎月割 -1350円

合計 1026円(電話カケ放題プラン)
※毎月割は24カ月適応となりますので25か月目以降は合計2376円円となります。

となります。

ガラケー本体は無料のものを使っていますので無料です。

MNPでしたら現在はGRATINAを一括0円でほとんどのショップで販売しています。

NTTドコモでガラケーのみの契約をした場合の料金イメージ

タイプシンプル バリュー 1483円

743円(ファミ割MAX50 または ひとりでも割50)

ソフトバンクでガラケーのみの契約をした場合の料金イメージ

ホワイトプラン 1867円が2年縛りの契約で934円

スマ放題 3700円が2年縛りのガラケー乗り換え割りで1370円(電話カケ放題プラン)

結論 ガラケーとの2台持ちの場合、auの新規もしくはMNPが一番お得のようです

基本料金 743円(プランEシンプル)で毎月割が毎月-300円となりますので、ユニバーサルサービス料 2円を足して、合計 445円(税込481円)となります。
また、かけ放題のプランも、基本料金 2376円(電話カケ放題プラン)で毎月割が-1350円毎月あり、合計 1026円と断トツの安さとなっています。

基本的には2年間を過ぎると毎月割がなくなりますので、新規で契約し直すか、NTTドコモかソフトバンクで良い条件があれば更新月に乗り換えるのがいいでしょう。

無料でもらえる一括0円の機種もGRATINAなど人気の機種もありますのでその点でもおススメとなります。

 - au, NTT docomo, SoftBank, ガラケー