SIMフリースマホを購入して格安SIMを利用しよう。富士通arrows M03をお得に購入するには

      2016/08/29

7245-1435731177-3


格安SIMを購入しても、もちろん格安simだけでは電話もできませんし、データ通信を行うこともできません。

SIMカードを入れて、音声通話やデータ通信を行うためのスマホやタブレットなどの携帯端末が必要となります。

格安simとスマホ端末をセットで購入した場合はいいのですが、それ以外の場合は自分でスマホを用意しなくてはいけません。

現在、国内で販売されているスマホはNTTドコモ、au、ソフトバンクなど大手キャリアで販売されていてその購入した会社のSIMカードしか利用ができない、シムロック端末と、家電量販店やアマゾンや楽天やヤフーショッピングなどネットショップで販売されていて、どのSIMカードでも利用することができるシムフリー端末に分けられます。

格安simを利用する場合にシムロック端末を利用する場合には契約する格安sim会社によって通信できる端末が限定されてしまいますので各MVNO事業者のホームページを事前に確認しておきましょう。

しかし、シムフリーの端末を使えば、ほぼすべての格安simを利用することが可能です。

つまり、シムフリースマホを持っていれば格安simを乗り換えるときもスムースに乗り換えが可能となるのです。

シムフリー端末は一般的にASUSやファーウェイなど海外メーカーが中心です。

これは海外ではほとんどの国でシムロックは掛かっておらずに端末はすべてシムフリーの端末のため、iPhoneのようにユニバーサルな機種が大半だからです。

ちなみにiPhoneの公式ストアであるアップルストアで売られているiPhoneはすべてSIMフリー版のiPhoneです。

Androidの開発元のGoogleが販売しているスマホもあり、Nexusブランドで展開しています。

とても評判が良く、人気も高いので検討してみてもいいでしょう。

また、最近では富士通やシャープなどの国産メーカーのシムフリースマホも販売がされてきています。

サポート面でも国内メーカーのシムフリースマホがいいというような人はこれらのスマホを検討してみるのもいいと思います。

2016年7月に発売された富士通のarrows M03は国産初のシムフリー端末arrows M02の後継機種で、arrows M02よりも電池持ちが10%程度良くなっています。

また、防水のスマホで、ワンセグまで搭載していて、更にはおサイフケータイにも対応しています。

カメラの質も背面1310万画素/前面500万画素と非常にコストパフォーマンスの良い機種となっています。

arrows M02で問題となっていた、画面の割れやすさも、arrows M03では液晶の種類を変えて割れにくく、対策がされていますので安心です。

Amazonでは未だ値引きもほとんどなく、40000円近い金額で売られています。

こんな大人気のarrows M03ですが、現在、楽天モバイル
NifMo(ニフモ)でお得に購入することが可能です。

楽天モバイル
では現在、29800円で購入が可能です。


NifMo(ニフモ)では現在、35556円で購入可能ですが、キャンペーン割引で最大20000円キャッシュバック(3GBの場合は10000円キャッシュバック)、更には毎月200円の割引が24カ月ありますので、こちらで4800円となりますので合計で最大24800円の割引がありますので、実質10756円(3GBプランの場合は20756円)で購入が可能となっています。

端末+データ(3GB )

富士通 SIMフリースマートフォン arrows M03(ブラック) FARM06105(M03ブラツク)

新品価格
¥39,285から
(2016/8/29 10:33時点)

 - 格安sim購入の前に必要な準備