格安SIMへMNP予約番号を発行してもらって電話番号を引き継ぐことも可能

   

Pocket

現在、スマホで利用している電話番号を格安simに引き継いで利用したい場合は大手キャリア間同様にMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)の利用が可能です。

MNPは携帯電話会社を変更しても電話番号はそのまま移行する携帯電話会社で利用出来るようにするサービスです。

かつては携帯電話会社を変えると電話番号は自動的に解約扱いとなり、電話番号を移行することが出来ませんでしたが、2006年10月24日より日本でも携帯電話番号ポータビリティの実施が始まりました。

これによって自由に携帯電話会社間の移動が可能となりましたが、2年縛りなどの契約条件が新たに導入されるようになりました。

MNPの手続きはそれほど複雑ではありませんので、安心して利用してもらえればと思います。

MNPの予約番号は次の携帯電話会社で今の番号を使うための予約番号と思ってもらえれば問題ありません。

MNP予約番号の発行方法は大きく3つあります。

まずは現在、契約しているキャリアのショップに出向いてMNP予約番号を発行してもらう方法です。

本人確認書類を持参すれば問題なくその場で発行してくれます。

キャリアによってはショップで直接暗証番号を打ち込んでもらう場合もあります。

もう一つの方法はインターネット上から予約番号を発行してもらう方法です。

キャリアによっては予約をする機種によってMNP予約番号の発行ができない場合もありますので事前に調べた上で発行して下さい。

また、電話でMNP予約番号を発行してもらう方法もあります。

お客様サポートセンターや携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口などに直接電話をかけることで予約番号を発行してもらう方法です。

混雑しているとなかなか通じない場合もありますので余裕を持って電話してもらえればと思います。

3つの方法で予約番号を発行してもらうことは可能ですが、発行してもらった予約番号は発行後15日間で失効してしまいますので、予約番号を取得した後は、新たに契約する格安simの販売店やネットの受付で契約時にMNP移転の旨を伝えて予約番号を提示しましょう。

また、MNP予約番号を発行するにあたって各キャリアでは事務手数料としてNTTドコモとauは2000円、ソフトバンクは3000円が掛かりますのでご注意ください。

また、更新月以外に解約する場合には違約金が掛かってしまいますのでそちらも併せて注意が必要です。

NTTドコモでのMNP予約番号発行方法

●店舗
全国のすべてのドコモショップで受付が可能です。
その場ですぐにMNP予約番号を発行してくれます。
本人確認のために、運転免許証等の身分証明書が必要です。

●インターネット
My docomoにアクセスして、ドコモオンライン手続きから発行が可能です。

●電話
ドコモインフォメーションセンターより電話経由での発行が可能です。
ドコモ携帯の場合はダイヤル151
一般電話からの場合は0120-800-000

●MNP事務手数料:2000円

auでのMNP予約番号発行方法

●店舗
全国すべてのauショップでの受付が可能です。
その場ですぐにMNP予約番号を発行してくれます。
本人確認のために、運転免許証等の身分証明書が必要です。

●インターネット
auお客様サポート➡申し込む/変更する➡au 携帯番号ポータビリティより発行が可能です。

●電話
auお客様サポートより電話経由での発行が可能です。
au携帯電話は0077-75470
一般電話は0077-75470

●MNP事務手数料:2000円

ソフトバンクでのMNP予約番号発行方法

●店舗
全国すべてのソフトバンクショップで受付が可能です。
その場ですぐにMNP予約番号を発行してくれます。
本人確認のために、運転免許証等の身分証明書が必要です。

●インターネット
3G携帯版のみ受付が可能です。
iPhone他スマートフォンや4G携帯、AQUOS携帯では受付ができませんので注意が必要です。

●電話
携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口から電話経由での発行が可能です。
ソフトバンク携帯は*5533
一般電話は0800-100-5533

●MNP事務手数料:3000円

 - 格安sim購入の前に必要な準備