自分のスマホがSIMフリーのスマホかSIMロックのスマホかを調べる方法。白ロムは基本的にSIMフリーではない。

   

Pocket

格安simを利用するにあたっては基本的にはSIMフリーの端末が必要となります。

格安sim会社によってはNTTドコモの端末やauの端末でも利用可能な場合もありますが、ソフトバンクの端末はSIMロックを解除しないと利用できません。

したがって、格安simを利用する前に自分が格安simを利用する予定の端末がシムフリーなのか、シムロックが掛かっている端末なのかを把握しておかないといけません。

大手キャリアで購入せずに、家電量販店やアマゾンや楽天やヤフーショッピングなどで購入した端末やASUSなどのメーカー製端末であれば、基本的にシムフリースマホだと思って問題ありませんが、NTTドコモやau、ソフトバンクで購入した端末の場合はほぼSIMロックがかけられていると思って間違いありません。

基本的にシムロックが掛かった端末だとSIMロックを解除しないと格安simを問題なく利用することができませんので注意が必要となります。

SIMロックがかけられているスマホの代表格がiPhoneです。

アップルストアで購入したiPhoneならシムフリー端末ですが、大手キャリアで購入した端末はすべてシムロックが掛かっています。

2015年5月以前に発売された端末、具体的にはiPhone6、iPhone5S、iPhone5、iPhone4S、iPhone4などは基本的にSIMロックの解除が出来ませんが、2015年5月以降に発売されたiPhone6Sならばキャリアでシムロック解除が可能です。

また、自分のスマホがシムロックかどうかを調べるのに一番簡単な方法が今自分が使っているキャリア以外のSIMを利用して確認する方法です。

他のキャリアのSIMを挿し込んで電話をしてみてかけることができればシムフリー端末ですし、かけることができなければSIMロック端末となります。

設定より、一般をタップ➡情報をタップ➡キャリア・モデルを確認します。

キャリアの欄にソフトバンクやNTTドコモやauなどの記載があれば大手キャリアで購入したものとなり、基本的にSIMロック端末です。

また、モデルの欄にJ/Aと記載されていれば日本で販売されているもの。

ZPは香港、LLはアメリカ、Zはシンガポールで販売されているものとなりますのでSIMフリー端末と判断できます。

また、ネットオークションや中古ショップで売られているスマホで白ロムと呼ばれているものがありますが、白ロムとは一般的にSIMカードが入っていない端末のことを指しますので、SIMロックかSIMフリーかは確認が必要です。

白ロムのスマホ端末は通常、ドコモやauやソフトバンクといったそのスマホが売られていたキャリアの名前がともに記載されていると思いますのでそちらを確認しましょう。

auの白ロムならUQモバイルとmineoが利用可能ですし、ドコモの白ロムならUQモバイルとワイモバイル以外の格安simをシムロックを解除せずにそのまま利用可能です。

ソフトバンクの白ロムはシムロックを解除しないとすべての格安simで利用することは出来ませんので注意が必要です。

 - 格安sim購入の前に必要な準備