格安SIMにするか判断するために毎月の通話時間とデータ使用量を把握しよう

   

Pocket

格安simにするにあたって、果たして今使用しているキャリアのスマホ代より、格安simに変えた方が安くなるのかどうかを判断するためにも毎月の通話時間やデータ使用量を把握する必要があります。

まず、ひとつの基準として毎月の音声通話時間が1時間以上あるかどうかを確認しましょう。

これは格安simは基本的に大手キャリアと違ってかけ放題のプランも少なく、通話料金も30秒当たり20円と非常に割高です。

もし、毎月1時間以上の通話をするようなら、データ通信料金は安くなったとしても、通話料金は高くなってしまうために、乗り換えると逆に割高になってしまい、損してしまう可能性もあります。

通話時間を確認する場合は通話履歴から1か月間の通話時間を合計するか、正確に時間をチェックするのならば、キャリアに通話明細を発行してもらう方法もあります。

NTTドコモはWeb料金明細サービスから無料で発行してもらうことが可能です。

auならば通話明細の確認・申し込みから無料で発行してもらうことが可能です。

ソフトバンクはMy Softbankから発行することが可能ですが、大手キャリアの中で唯一手数料200円が掛かってしまいます。

また、データ使用量を調べる場合は

NTTドコモはMy docomoの料金の確認・お支払いから確認できます。

auはお客様サポートの今月の通話料・通信量紹介ページから確認できます。

ソフトバンクはMy Softbankのデータ通信量の管理から確認できます。

また、Androidスマホなら設定のデータ使用量から1か月分の使用量を確認することも可能です。

また、スマホにあまり詳しくないような人は、裏技的に各キャリアのショップに直接行って、料金プランの相談をするという方法もあります。

ショップの店員に現在のプランを変更するかどうか悩んでいると言えば、過去のデータを参照してくれますので、くれぐれも格安simを検討しているとは言わずに、あくまでキャリアのプランの変更を前提に相談するといいでしょう。

その際に過去3か月くらいのデータを見た上でアドバイスをしてくれるのでそれで毎月どれくらいの通話時間とデータ通信量を使っているかを把握することもできます。

自分の過去数カ月の通話時間とデータ通信量が把握出来たら、格安simの料金プランと比較検討します。

毎月の利用料金がほとんど変わらない場合は変更の必要はまったくないでしょう。

問題は格安simとの毎月の料金の差額が1000円程度の場合です。

大手キャリアは更新月以外に他のサービスに移る場合には解除料として9500円程度掛かります。

また、MNP転出手数料としてNTTドコモとauは2000円、ソフトバンクは3000円の料金が必要となります。

更には新しく契約する格安simの契約事務手数料として一般的に3000円が必要となります。

合計すると約15000円程度の料金が掛かるということです。

契約期間を最低1年とみれば毎月1500円以上の差が出ていなければ契約解除料金が掛かる時期はさけて、更新月に格安simに乗り換えるべきでしょう。

一方、毎月の料金の差が2000円以上ならば半年ほどで回収できるはずなのですぐにでも格安simに乗り換えるのもいいでしょう。

いずれにせよ、更新月までの残りの期間等も考慮の上、乗り換えるかどうかを判断していきましょう。

 - 格安sim購入の前に必要な準備