格安SIMはどこで買えばいいの?ネットで購入できるの?メリットとデメリットは?

   

Pocket

格安simを手に入れるにはいくつかの方法があります。

ヤマダ電機やビックカメラやヨドバシカメラやエディオンなどの大手家電量販店なら人気のある格安simのほとんどを購入することが可能です。

また、格安simに精通した店員さんもいますので、その場で気軽に質問すればわからない点があればそこで解消できます。

もしわからないことがいくつかあるのなら家電量販店に行って聞いてみるのも店舗で購入する上でのメリットと言えるでしょう。

これらの家電量販店だけでなく、独自に店舗を持っているMVNOもあります。

200店舗以上のネットワークを持つイオンモバイルや楽天モバイル、UQ mobile、Y!mobile、U-mobile、などが独自店舗を展開しています。

独自店舗は当然、自社のSIMの取り扱いしかありませんので、その場でいろいろなSIMを一覧で比較することはできませんので、もし、選ぶSIMが決まっていないならば、その点でも家電量販店の方がいいと思います。

あまり知識がなく、初めて格安simを選ぶような人は家電量販店で購入するのもおススメです。

当然のことながら格安sim各社はインターネットを経由して入手することができます。

わざわざショップに行く手間も省けて自分の好きな時に開通させることが可能なことが一番のメリットです。

契約プランも店員の主観でなく、自分ですべて決めることが出来るので気軽に選ぶことが可能です。

また、事務手数料もかからないので店舗で契約をするよりも安く購入することも可能です。

OCNモバイルONEなど大手の格安simはAmazonや楽天などのインターネットショッピングサイトでも購入可能です。

この場合は購入後に自分の希望するタイミングで開通させることが出来ますが、初期設定等は自分で行う必要があり少し難易度は高くなります。

また、開通期限内に設定しないと利用出来なくなってしまう点にも注意が必要です。

格安SIMを実店舗で購入するメリットとデメリット

●メリット
家電量販店で購入するメリットは様々な格安simや格安スマホが揃っていてたくさんの比較対象から一覧で比べることが可能なこと。
わからないことがあれば、店員さんに気軽に質問出来ること。
数はあまり多くないがMVNOの店舗もあり、専門店舗では即時開通も可能。
何か困ったことがあれば店舗に行って助けてもらうことも可能。

●デメリット
事務手数料が掛かるため割高になる。
家電量販店の一押しの格安simをごり押しされる可能性もある。

格安SIMをネットで購入するメリットとデメリット

●メリット
自分の都合で自分自身でしっかりと選ぶことが可能。
ネット割引などがある場合がある。

●デメリット
初期設定や開通作業を自分でしないといけない為、初心者には少しハードルが高く、面倒と感じる人も多い。
何かわからないことがあってもメール対応などが主体のため、スピーディーな対応が難しい。

 - 格安スマホ・格安simのQ&A