格安SIMに変更した場合に生じるデメリットは?どんな場合にデメリットがあるの?

   

Pocket

月額料金を安くしようと格安simを検討している人も多いと思いますが、すべての人が格安simにすれば節約が可能なわけではありません。

確かにほとんどの人にとっては月額料金がとても安く抑えることが可能と言ってもいいのですが、若干の注意点があります。

それは電話番号を利用した音声通話をかなり利用する人です。

データ通信に関しては圧倒的な格安感がある格安simですが、通話料金に関しては決して安くありません。

むしろ高いと言った方がいいかもしれません。

現在、かけ放題サービスが主流の大手キャリアに比べると格安simは通話料金が高くなる傾向にあります。

具体的には30秒で20円ほどの通話料金がデータ通信料金の他に掛かります。

仮に1日10分通話をするとすると通話料金だけで月額12000円ほど掛かる計算となります。

要するに長く電話をすればするほど格安simのメリットは薄れていってしまい、ある境から大手キャリアの方がメリットがあり、お得ということになります。

最近では各MVNO業者の中でもかけ放題のサービスを取り入れたサービスもありますが、大手キャリアのかけ放題サービスと違って、5分間のみのかけ放題サービスだったり、インターネットを利用したIP電話だったりして、通話品質が良くないものもあり、大手キャリアのかけ放題サービスとはまったく異なったサービスとなっています。

以上のことからも格安simに乗り換える場合は基本的に電話場号を使う電話はほとんどしないことを前提としてLINEやSKYPEやVIBERなどの音声通話アプリを利用する方がベターでしょう。

かけ放題を現在利用していて、格安simに乗り換える場合は目安として1か月の通話時間の合計が60分以内かをひとつの基準としてみるといいでしょう。

格安simで60分間の通話で掛かる料金は月額で2400円となり、大手キャリアのかけ放題代金よりも安くなるためこの基準をもとに格安simにするかこのまま大手キャリアでいくかを決めるといいでしょう。

大手キャリアのかけ放題のプラン名とプラン料金

●NTT docomo:カケホーダイプラン月額2700円

●au:電話かけ放題プラン月額2700円

●ソフトバンク:通話し放題プラン月額2700円

格安simで通話料金を抑えるには?

格安simで電話番号の音声通話を使わずに通話したい場合はいくつかの方法があります。

まずはLINEやSKYPEやVIBERなどの音声通話アプリを利用することです。

通話をする側と通話を受ける側がともにアプリをインストール必要がありますが、現在ではほとんどの人がLINEとSKYPEはインストールしているでしょう。

もちろん、格安simに乗り換えてもこれまでに使っていたスマホのアプリは今までと同じように利用可能です。

他にも最近では各MVNO事業者が展開している音声通話サービスを利用する方法もあります。

IIJmioが展開しているみおふぉんや楽天モバイルの楽天でんわなどがそれになります。

音声的には若干キャリアの電話には劣りますが、それ程気にならないと思ってもいいでしょう。

以上のようなサービスや無料のアプリケーションを組み合わせて、自分にとって一番お得なプランを作り上げていってもらえればと思います。

 - 格安スマホ・格安simのQ&A