SIMフリー端末って何ですか?iPhoneはSIMフリー端末なの?SIMロックとは?

   

Pocket

スマホでメールやインターネットなどのデータ通信音声通話をするには基本的にSIMが必要不可欠となります。

SIMには電話番号やその持ち主を特定するための固有の番号などが登録されています。

大手キャリアでスマホを購入すれば、通常、キャリアが発行するキャリアのSIMを使うことになります。

これに対してSIMフリーというものもあります。

このSIMフリーとなっている端末の場合は大手キャリアの発行するSIMも利用が可能ですし、MVNO(仮想移動体通信業者)いわゆる格安sim会社が発行するSIMカードも利用することが可能です。

したがって、どんな会社のシムでも利用できるという意味でシムフリーと言われています。

要するに格安スマホでも自由に使える端末をシムフリー端末と言います。

格安スマホsim会社のほとんどがNTTドコモの回線を借りてサービスを提供しているため、NTTドコモの回線を借りてサービス提供をしている格安simはNTTドコモで売られていた端末ならばほぼ利用が可能だという点で、ほぼシムフリーと思ってもいいでしょう。

今まで使っていた端末のsimを格安simを差し替えるだけですぐに問題なく通信することが可能です。

また、家電量販店で格安スマホとして販売されているスマートフォンはすべてシムフリー端末と思って間違いないでしょう。

一方、シムロック端末の代表格であるのが、大手キャリアで販売されているiPhoneです。

大手キャリアで販売されているiPhoneは2015年5月以降、シムロック解除が出来るようになりましたが、いろいろと制約があるため、SIMロック端末の典型となっています。

SIMロックがかかっていると契約したキャリアのSIMしか使えず、他のキャリアのsimや格安スマホのsimを挿しても使用することはできません。

しかし、キャリアで正式な手続きを経て、シムロックを解除すればシムフリー端末としてどの会社のSIMでも利用することが出来るようになります。

ちなみにアップルストアで売られていいるiPhoneはすべてシムフリーです。

また、SIMカードは3種類あって、機種によって利用できるSIMが違うので注意が必要です。

具体的にはiPhoneやiPadなどで使われているnanoSIM(12.38.8)、Xperia,Nexus,Galaxyなどで使われているmicroSIM(15m12m)、昔の機種に多く使われていた標準SIM(25m*15m)の3種類となっています。

今後はスマホ端末の高機能、小型化によりnanoSIMを利用する端末が増えていくと予想されます。

 - 格安スマホ・格安simのQ&A