格安スマホと格安simの違いは?MVNOなど格安スマホで出てくる専門用語の解説

   

Pocket

格安スマホ・格安simに興味を持ったが、格安スマホや格安simやMVNOなど、いろいろとわからない用語がたくさん出てきて理解が進まない場合もあると思いますが、格安simを購入する前にはこれらのいろいろな専門用語をある程度整理しておくとこれから選ぶ格安simが明確になるはずです。

スマホとはスマートフォンの略です。

大手キャリアであるNTTドコモやau、ソフトバンクの実店舗で購入することができる高機能携帯端末を一般的にスマホと呼んでいます。

代表的なスマホはiOSのiPhoneやAndroid OSの搭載された、XperiaやGalaxyが有名です。

スマホとセットで把握しておいた方がいい用語がSIMとなります。

SIMとはスマホに差し込んで(ちなみにガラケーの中にもSIMは差し込んであります)データ通信を行うために持ち主を特定するための小さなカードのことを言います。

SIMは通常は大手キャリアなどで購入する際にはスマホに同梱されています。

この同梱されているSIMを通常は使うのですが、格安simの場合はMVNO(仮想移動体通信業者)と呼ばれる大手キャリアからネットワークを借りて提供している通信会社のSIMのことを指します。

MVNOは自社の通信網を持たずに、大手キャリアから借り受けることによって割安な料金で格安simを提供することが可能となっています。

そして格安スマホとなMVNOが提供している格安simを挿し込んでデータ通信を行うことのできるスマホのことを一般に言います。

MVNOで格安スマホを購入すると格安simもセットになっていることが多いですが、格安スマホと格安simを別々に買うことも可能です。

格安スマホ・格安sim重要用語比較

キャリア:通信業者のこと。格安スマホ業界ではNTTドコモ、au、ソフトバンクの大手3つの会社のことを言います。

MVNO:仮想移動体通信業者のこと。格安simを利用する際に契約する通信業者。OCNモバイルONE、IIJmio、mineo、楽天モバイルなど。

SIM:携帯端末に差し込む個別識別するためのカード

格安sim:大手キャリア以外の通信事業体が提供しているSIMカードのこと。

格安スマホ:格安simとセットで販売されているスマートフォン。格安simが使える携帯端末。

 - 格安スマホ・格安simのQ&A