格安スマホ用語のMVNO・MNO・MVNEとは?

   

Pocket

毎月のスマホ代を安くしたくて、格安スマホについて調べているとMVNO・MNO・MVNEといった用語がよく出てくると思いますが、なんだかわからなくて、よく知っている人は少ないと思いますので簡単に解説します。

スマホ代を安くすることには直接関係ないのですが、格安simや格安スマホを選ぶ際に通信スピードや機種選びに必要な情報となりますので参考程度に頭に留めておいてもらえるといいと思います。

MVNOとは?
Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略となります。
各キャリア(MNO)が持っている通信網の一部を借りて通信サービスを提供している事業者のことを言います。
※自分自身ではネットワークインフラを持っていない場合はMVNEと契約をしてサービスの提供を行っています。

MNOとは?
Mobile Network Operator(移動体通信業者)の略となります。
自社回線を持っていてサービスを提供している事業者のことを言います。
docomo・au・SoftBankなどの主要キャリアはMNOとなります。
格安スマホでは自前の設備をもって営業しているIIJmioなどがMNOになります。
ちなみにIIJmioはDMMモバイルとイオンスマホに回線設備を貸し出しています。

MVNEとは?
Mobile Virtual Network Enabler(仮想移動体サービス提供者)の略となります。
各キャリア(MNO)の保有する回線の一部を購入またはレンタルして通信事業を行っているMVNO支援事業者のことを言います。
※自社でサービスを提供している場合はMVNEでありながらMVNOでもあると言えます。

格安スマホはそのほとんどがドコモかauから通信網を借りて通信サービスを提供しているのでMVNOと言っても過言ではありません。

 - 格安スマホ用語解説